屋根裏で被害をもたらすハクビシン駆除は業者におまかせ!

依頼から駆除までの流れ

住宅

ハクビシンの凶暴さや健康被害などについて知るとすぐに駆除依頼をしたくなりますが、依頼するとどのような流れでハクビシン駆除をするのか気になることもあるでしょう。そこでハクビシン駆除からアフターフォローまでの流れを紹介します。

業者によって異なりますが、大体は同じになっているので知っておきましょう。
まずは業者に問い合わせて、現地を調査してもらうことが必要です。そのため、被害を感じたら気軽に業者に相談しましょう。連絡方法としてホームページの問い合わせや電話などがあります。業者によっては24時間365日営業していることもあるので急な被害でもすぐに相談できるでしょう。
問い合わせたら依頼者の都合がいい日にち、時間にハクビシン駆除専門スタッフが来てくれます。そこではいろいろな悩みや相談をし、駆除スタッフに話を聞いてもらいましょう。
現地調査では、ハクビシンの生態、住宅環境、立地条件などから進入する経路、ハクビシンが巣を作りそうな場所について推測します。そういった場所を全て確認したり、ビデオやカメラを使って撮影したり、調査をします。そこでハクビシンが発見できれば写真や映像を見えてくれます。
現地調査が終わり、生息しているのが分かれば被害状況と駆除方法を提案してくれます。そして見積書を作り、どのくらい費用がかかるのか知ることができます。
ここまでで無料になっているハクビシン駆除専門業者が多くあります。そのため、安心して依頼することができるでしょう。
見積もりに納得したら駆除や対策を行なってもらうことができ、二次被害の対策をしてくれます。ハクビシンが二度と入ってこれないように工夫してくれます。アフターフォローも行なっている業者もあり、10年保証などがあるのでチェックしましょう。