屋根裏で被害をもたらすハクビシン駆除は業者におまかせ!

愛嬌の裏にある被害

作業員

可愛らしい表情をしており、誰にも好かれそうな顔をしているハクビシン。しかし、野生動物でもあり野山に住むハクビシンは健康被害や生活被害が起こる危険な動物でもあります。
ハクビシン駆除をしないとどのような被害に合うのかを理解しておきましょう。

ハクビシンによって引き起こされた被害の中には、天井裏や床下、物置などが多くあります。
被害事例として屋根裏の断熱材が噛みちぎられていることがあります。この断熱材をハクビシンはベッド代わりに使って巣作りを行なってしまいます。そうなると屋根裏におしっこや糞などがばらまかれ、屋根に染み込んだり、細菌などが繁殖してしまうなど起こります。
そうなると衛生的にも良くなく、細菌が体に入り、体調を崩したり、体調を崩したりしてしまう原因になってしまいます。

ハクビシンが排出する糞は強烈な臭いがしており、その臭いによって害獣の存在に気づくことも少なくありません。そのまま放置していると糞の重さで屋根が転落したり、天井板が腐ったりするので、気づいたらすぐに退治するのが大切です。
ハクビシン駆除をしないと健康被害にも合ってしまう危険性があるのですが、中でもひどいのがノミやダニです。これらの虫は吸血性を持っているので人間の血を求めて部屋の中に入ってきます。そうして寝ている間に刺されるなどがあります。さらにアレルギーとして悪化してしまう可能性もあるのでハクビシン駆除を早めに行なうことが適切です。
ハクビシン駆除業者に依頼するとすぐに対策から予防までしてくれるので気軽に相談しましょう。